TOP > 新着情報 > コラム2 ソウル感じるままに気になったモノタチ

コラム2 ソウル感じるままに気になったモノタチ

【NY・チェルシーマーケットに学ぶ、建物を残す再開発“コンバージョン】

アメリカ・ニューヨークにある「チェルシーマーケット」

image32  image9-1024x1024

一言で言うと…

屋内型商店街。

観光地としても人気で、ニューヨークの観光地

ランキングでは上位に並びます。

レンガ造りの建物内を一本に突き抜けた通りには、服飾店、

食料雑貨店、スーパー、レストランなど、日用品から

ファッションまで、さまざまなお店が35店舗も連なっています。

ここに来れば日常で必要なものは全て揃えることができるよう

な気がします。

今や商業施設としてにぎわうチェルシーマーケットですが、

かつてはナショナルビスケットカンパニー(ナビスコ)

のクッキー工場でした

そう、クッキーを焼いていた工場だったのです。

チェルシーマーケットがある建物をよくよく見ると、

工場の面影が残っています。

チェルシーマーケットがあるのは建物の1階部分。

2階以上にはオフィスが入居しており、中にはGoogle NYと

いった有名企業や、地元のローカルテレビ局などが

名を連ねているようです。

image6-1024x1024

外から建物全体を見ると、レンガに覆われた外観が昔の姿を

物語っています。

チェルシーマーケットはハドソン川の程近く、マンハッタン

にあります。

マンハッタンはかつてミートパッキングエリアと呼ばれ、

精肉工場や倉庫であふれていました。

1934年には精肉の輸送の利便性を図るため、高架鉄道が敷かれるようになりました。

しかし、高速道路の発達により、輸送の主流は鉄道からトラックへ。

食品を運んでいた鉄道は使われなくなり、精肉工場の多くが姿を消していったそうです。

廃線となった高架鉄道が走っていたレールは、

現在空中庭園へと変身しています。鉄道が使われなくなった後、

放置されていた鉄道遺構をよみがえらせたきっかけは二人の青年でした。

鉄道が走っていた歴史を残したい。

そんな思いでNPO団体を発足させ、やがて鉄道遺構を

ただ保存するのではなく、公園への転用へと事業が進んで

いきました。

ここがアメリカらしい発想で、とても共感できるところです。

遊歩道を兼ねた空中庭園は昔の鉄道の名前と同じ

「ハイライン」と呼ばれ、地元の人々の憩いの場となっています。

ハイラインは旧ナビスコ工場の2階を貫通しています。

沿道に添え置かれたさまざまな植物も見どころです。

チェルシーマーケットやハイラインのように、建築物を残し、

使用用途だけを変える再開発をコンバージョンと呼びます。

まさに、

再開発事業といえども、コンバージョン最大の特徴は

建物を残すこと。

チェルシーマーケット以外にも、精肉工場だった周辺の

建築物もコンバージョンが盛んに行われているのです。

今でこそニューヨークで活発なコンバージョンですが、

1960年代までは建築物を全て解体してから新築する方法

の再開発が盛んでした。当時世界最大級の高さを誇り、

ニューヨークの象徴として親しまれていた

「シンガー・ビル」が再開発事業のために解体されたのも

この頃でした。

時を同じくして、コンバージョンのきっかけとなる

活動が起こります。場所はニューヨーク・ソーホー地区。

以前ここは工場や倉庫が立ち並ぶ工場地帯でしたが、

現在は世界的なアートギャラリー地区として知られています。

変化のきっかけは1960年代にソーホー地区にアーティストが

無許可で住み始めたこと。Chelsea-Market-73

年月が経ち1970年代になると行政も居住を認めざるを

得なくなり、街にアートギャラリーが増えていきました。

建築物から人を呼び込むのではなく、人に合わせて建築物が

できた点でコンバージョンの原点ともいえる事例です。

 まさに、「フロー」から「ストック」の世界です。

時代の変化とともに街も変わっていきます。

つい新しいものにばかり目が行きがちですが、かつての産業物

にも当時の街を豊かにする工夫が詰まっています。

チェルシーマーケットとハイラインは商業を結ぶ産業物

として活躍しましたが、その根本は人と人とを繋げる役割を

果たしていました。

そして、現在は人々の交流の場所としてにぎわっています。
既存のものを宝物とするか廃棄物としてしまうかは、私たち

人間に委ねられているのかもしれません。

【フロー】から【ストック】へ

Dragon Vintageに繋がる考え方です。

ハイライン